プロフィール

いわぽん

Author:いわぽん
愛犬和のことや日常のこととかきまぐれに書いておりますw

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

いわぽんの「こわくないよぅ?」日記 Part2


--/--/-- --:-- いわぽん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/19 00:25 いわぽん

人生なかなかいいことはないけれど時にはいいことあるねっ。

先週の土曜日以降、私は仕事で一日おきに必ずしていることがある。そう、それはOさんのお見舞いだ。去年の11月発症した脳梗塞の治療をきちんとせずに点滴は自己抜去し、病室で大騒ぎし勝手に帰ろうとしたことがあり、今回もそれがないかひやひやしていたからだ。この件については本人なりの理由があり、話をした。治療の時に本人が内容について理解していなかったこと、病院側の対応が本人にとって気にいらないことがあったようだ(大部屋で自分だけ関わってもらえてないと思い込んだみたい)。 月・水・金と会いに行ったが、落ち着いて入院生活を送っているようだ。今回は脳梗塞の疑いということで新たな梗塞はないが点滴治療と精密検査で必要な治療を加えて行くということのようだ。まだ主治医から状態を教えていただいていないので経過が分からないが1~2週間の入院とか。Oさんが自宅にいない間にせねばならないことがある。引越しだ。アパートの2階から1階に移ることを不動産屋さんが認めてくれて、社協の担当の方と今後の段取りを決めた。本人が退院するまでに契約を済ませ荷物を1階に下ろして退院と同時に1階に住めるようにしようということになった。まだOさんには伝えていない。あまり早くからいうと、今回の入院のようにテンションが高くなって体に変調を来たすからだ。きちんと話を進めて落ち着いたところで本人に伝えることに決まった。過去の話を聞くと苦労ばかりの日々で人をだましたりだまされたりしないと生きていけないような環境で過ごしたようだ。今の生活が幸せというOさんの言葉は本当なんだろうな。多くの人に助けられ、急で危なかった階段の昇降をこれでしなくてもよくなる。Oさん自身も安心だし、周囲で見守っている私たちも安心だ。@は元気になって退院してくれるだけだな。
スポンサーサイト
2008/09/15 08:13 いわぽん

突然の呼び出し。

日曜の朝、いつものように早朝ホンテをしていると会社携帯が鳴る・・・・ 久々のLvの余韻に浸る暇もなく誰や!と思いつつ取ると利用者Kさんの家族であった。介護者である嫁の父親が亡くなったので県外へ行かないといけないので本人をショートステイに預けたいということであった。電話があったのが7:40。この時間帯はまだ夜勤者と早出しか来ておらず窓口の担当者はいないので8時半過ぎてから至急連絡を取って折り返し電話することにした。Kさんはちょいとせっかちな部分があり、嫁に迎えは来ないのかと再三嫁に言うので、「まだですか?」とか「難しいようなら今日はどうにかします」等何度か電話がある。ホンテもそこそこに終わらせてあわてて市内のショートステイをしている事業所に電話する。まずはじめに以前利用したことのある事業所へ。連休にて利用者がいっぱいとのことで×。近隣の事業所など5箇所くらいにかけるがダメと言う答えばかり・・・。一箇所だけ調整してみますと言ってくださった事業所があった。いわぽん:「いつごろ入れるかどうか教えていただけますか??」 事業所の人:「昼ころにはわかると思います」いわぽん:「家族の方はこれから県外に行かないといけないんです!急いでるんで早めに返答をお願いいたします(怒)」と事業所の方の答えにむかっときながらも抑えて依頼する。答えを待ちながらまた他の事業所はないか考えをめぐらしていたところ、受け入れおkと電話がかかる。電話があったのが9時半過ぎ。そこから家族へ電話しこれからの段取りを確認し、会社へ行き、本人の情報の詰まっているファイルとケアマネから事業所へ渡す本人の情報提供書の白紙を持って本人を迎えに行き、ショートステイ先へ向かう。家族はそれから通夜と葬儀のため県外へ向かわれる。ショートステイ先では介護スタッフと施設ケアマネが待っていてくださり、本人の状況について伝えるための担当者会議を行う。身体状況、疾病、サービス利用状況等伝達をする。本人は家族から3日ほど泊まることを言われていたはずであるが忘れてしまい、何度も同じことを聞いてくる。スタッフにすぐ忘れてしまうので同じことを何度も説明してほしいこと依頼する。本人が泊まらせてもらう部屋が畳の部屋ということで本人とともに行き見せてもらう。全室個室でトイレが付いている。トイレは近づくと自動的に照明が付くこと、衛生面の配慮で定期的に勝手に水が流れること、便座の前にいい高さの手すりが付いていることが印象的である(最近この話題多いな・・・)。実際に畳からの立ち座りが可能であるか行ってもらう。壁の隅にテーブルを配置し固定された状態でテーブルの足を持ってどうにか座り立ち上がることができた。しかし不安である。この辺は検討しますと職員の方は言われる。一通り本人の状況を伝えて、必要なサービス計画と提供表は急いで作成して届けることにしてショートステイ先を去る。受け入れ可能と返答があるまでは途方にくれていたが決まってからはスムーズに事が運び安心している。この仕事は本当に周りの事業所に支えられているからこそできる仕事だと実感する。休みモードの頭と体で対応したものだから今週は週初めよりイマイチ調子が出ない。眠くて仕方ない。また、今週より例の国試対策講座の準備を始めようと考えている。過去問数回分を分野別に分類してそれを切り貼りして10問ずつ2~3パターン作る。その問題についての解説や最近の介護や高齢者にまつわる法制度の変化などまとていこうと思う。しかし、今日(木曜)は勉強するよりも体調が悪く睡魔が襲ってきているので寝るとしよう。
2008/07/01 00:22 いわぽん

首の回らないいわぽん;;

決して借金がたくさんあって首が回らないわけではない><;
2週間ほど前から頸部が重だるく感じていたが週末より激痛となり首が回らなくなるような事態が起きた。

その割に仕事はいろんな用事があって考えることがいっぱいあるのに十分に考えられないというオチである。

寝違えたかなとも思ったが日によって痛くなったり治まったりするのでこれはきっと昔の古傷(むちうちとか、むちうちとか、むちうちとか・・・3回はしてるな)であろうと思われる。体の角度を変えるのも大きく体を動かさないと痛いし、今日に限って電話や来客も多くしゃべりまくっていたのだが痛くてたまらない。とても不自由で辛いw

社長が見かねてシップ貼ってくれた。多少は和らいだがやっぱり治まらない。
明日会社の関連の病院にペインクリニックのDrが診察であるから受診したら?とも言われる。治らなかったら明日は病院だな><;

早く痛いの直らんかなぁ・・・・;;


お次はメイポー
最近更新さぼっているw
燃え尽き症候群からは脱却しつつあるが首が痛いということでいまいち元気が出ない。
週末の金曜と日曜ホンテは久々に誘惑PTの配属になる。両方とも囮の方を追いかけたのだが、途中集団とは逆に囮の人(金曜:Gさま)が行っているのに集団に付いて行き危うく殺してしまいそうになったりした。その節はすみません><;
墓にならなかったからよかったもののまだまだ修行が必要だ。日曜はもう一人のビショが落ちて誘惑PTに一人ビショになる。こわいよぅ?と思いながらやっぱり囮の人(デッスくん)を見落とす。墓にならずにすんだのは偶然か奇跡かそのような感じだw

囮の人をぐる長にしてもらいミニマップの頭の上にあるマークを頼りにおいかけているつもりであるが反応が鈍く遅くなってしまう。こればっかりは慣れしかないと思うので、当たったときは意識するようにしよう。

今回の月曜ホンテで撃破回数70回達成したようだ。PCが新しくなってラグも減りプレイしやすくなりありがたいw墓も減り今の調子を維持したいな。明日もがんばろー

2008/05/13 18:21 いわぽん

イチゴ狩りに行きました(^-^)v

総社市にある農マル園芸というところでいちご狩りをしているのを聞き、何気ない利用者の「私ゃいちご狩りにいきてえわぁ」という言葉で行く事になったようだ。

その付き添い兼運転手で出かける。なんか出かける日に雨が多いような気がするのだがこの日も雨が降っていた。

いちごのあるところはハウスになっているから濡れることはないのだがハウスまでの出入りが大変であった><;
いざハウスに入るとたくさんのいちごがw
車椅子に乗った利用者を介助しながらいちごを食べ歩く。
お店で売っているのよりもみずみずしく甘くておいしいw

量り売りもしているようで付き添っていた利用者といちごを摘んでかごに入れていたのを半分こして購入する。

楽しくおいしいいちごが食べれたのでよかったw
外出は普段閉じこもりがちな利用者にとって楽しみなことなので、また企画してほしい。でも雨降りでない日がいいなぁ(ぇ


2008/04/11 18:01 いわぽん

私の勤める会社

この4月で私が勤務する会社が5周年を迎えたそうだ。
私の部署は利用者の家に行くことが多いのであまり関係はないのだが、デイサービスやグループホームは利用してくださっている利用者に感謝の意味をこめて週末にかけて各部署でイベントを行うのだ。

今日はデイサービスで昼ごはんの前にどーんと利用者の前に置かれたのがこれだ。鯛のおかしらだwちなみにばらんは亀の模様に切ってある。


お次は今日の特製昼食天ぷらと赤飯、右端にあるのはさっきの鯛のほぐしたのだ。
ちなみにおかしらとその胴体の部分は「どうするの?」って厨房の方に聞いたら捨てるというのでもう一人のスタッフと1体ずつもらうことにする。鯛の頭はおいしいのだ(ぁ


午後からは移動せんべい車が来てくれる。うちの職場の近くにせんべい屋があって、せんべい焼いてくれたり、工場から直送したおかきを売っているのだ。炭で火を起こし本格的に焼いてくれる。


この中央にある文字は私が入れたもの。カラメルでせんべいに筆を使い絵とか文字を書いて焼くと、このように浮かび上がるのだ。

炭火で焼いたせんべいはうまかったw

その後は踊りの得意なスタッフが華麗な舞を披露してくださり、最後に社長から利用者の皆さんへお礼の記念品を贈って終わりになる。利用者の楽しそうな顔を見てると、頑張ろうと思える。週末は何もない事を祈ってお休みし、また来週から忙しい日々が始まるのだな(ぁ


⇒ 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。